館山・南房総の本当に美味しいお土産5選を地元観光大使が紹介

温暖な気候、爽やかな海、背の高い椰子の木、可憐なお花、新鮮なお魚などなど…

一度に沢山のものを味わえる魅力的な観光地の一つである「館山・南房総」。

観光を楽しんだ後は旅の思い出とともに地元の味も持ち帰っていただきたいものです。

館山出身で数々の地元のお土産を紹介してきた元観光大使である私が、地元民として本当に美味しいと思う一押しのお土産をご紹介します。

房洋堂「花菜っ娘(はななっこ)」

房洋堂公式サイト より

房洋堂(ぼうようどう)の看板商品である高級感のある焼き菓子です。

金色の包みホイルを開けると甘い香りが漂ってきます。

中には「菜の花」をイメージする黄味餡入り。

甘いもの好きな人はハマること間違いなし。

一本から買うことができるので、自分用の小腹満たし・食べ歩きにも。

4本・6本・8本・12本・16本・24本と豊富なサイズ展開があってお土産にも便利です。

【館山の元観光大使からのひとこと】

個人的にナンバーワンだと思うおすすめの南房総・館山のお土産です。

コーヒーにも紅茶にも合う甘さが癖になる味わいです。

黄金のホイルから出してオーブンで温めても美味しく召し上がれますよ^^

  • 価格(税込)

1本 129円

4本入り 538円

6本入り 841円

8本入り 1144円

12本入り 1682円

16本入り 2299円

24本入り 3364円

  • TEL 0470-23-5111
  • 住所 〒294-0043 千葉県館山市安布里780
  • 販売店 道の駅 富楽里とみやま、道の駅 とみうら 枇杷倶楽部、おどや 白浜店、おどや丸山店、おどや スーパーセンター館山店、アロハガーデン館山、New Daysミニ 館山1号店、おどや 大神宮店 など

亀屋本店「まるごとびわゼリー」

亀屋本店公式サイト より

南房総地域を代表するお土産屋さんの一つ、「亀屋本店」の大人気商品です。

びわの産地として有名な南房総。旅の中で味わったびわを持ち帰ることができる贅沢なお土産です。

一口サイズのびわゼリー、びわが2粒入ったカップタイプのびわゼリー、びわが4粒入ったカップタイプのびわゼリーなど、様々な展開でお好みのサイズをお選びいただけます。

みずみずしく甘味たっぷりのびわをやさしいゼリーの中に丸ごと閉じ込めた贅沢な一品です。

【館山の元観光大使からのひとこと】

常温でも食べられますが、冷蔵庫で冷やすとより一層美味しく召し上がれます。

また、冷凍庫で凍らせて常温or流水で少し解凍すると、シャーベットのような食感になって夏場にはぴったりです。

日持ちもするようになるので是非試してみてはいかがでしょうか^^

  • 価格(税込)

まるごとびわゼリー(2個箱入り)432円

まるごとびわゼリー(4個箱入り)972円

まるごとびわゼリー(8個箱入り)1944円

まるごとびわゼリー(12個箱入り)2916円

まるごとびわゼリー(16個箱入り)3888円

まるごとびわゼリー(一口タイプ10個箱入り)1404円

亀屋本店公式サイト より
  • 販売店 (直営店)

【館山店】

住所 千葉県館山市北条1882

TEL 0470-23-0586

営業時間 AM9:00~PM5:30
※夏季・冬季、時間変更あり

【館山那古店】

住所 千葉県館山市那古387-1

TEL 0470-28-5510

営業時間 AM9:00~PM5:30

【鴨川店】

住所 千葉県鴨川市横渚1067-3

TEL 04-7093-3281

営業時間 AM9:00~PM5:30

【小湊店】

住所 千葉県鴨川市内浦1906

TEL 04-7095-3592

営業時間 AM8:30~PM4:00

亀屋本店「鯛せんべい」

亀屋本店公式サイト より

びわゼリーと同じく、「亀屋本店」の看板商品の一つです。

一口サイズの小柄な「せんべい」ですが、お餅ではなく、小麦粉・砂糖・卵などを使って作られています。噛みごたえのあるクッキーに近いお菓子です。

亀屋本店公式サイト より

表面は鯛のウロコを表現するのに「けし」の実がふりかけられ、裏面は鯛の白身を表しており鯛の模様と「亀屋の鯛せんべい」の文字がプリントされています。

大鯛の跳躍を表すために本体にカーブが付けられています。この「まげ具合」には特別な技術が必要なんだそうです。

味はプレーン味・チョコ味・シナモン味・桜葉風味の4種類。

一度食べたら食感・味ともに癖になります。

【館山の元観光大使からのひとこと】

割れてしまった「鯛せんべい」が地元のお土産屋さんやスーパーなどで安く手に入れられることがあります。

味は変わらないので狙い目です^^

お土産は勿論、自分用にも。

  • 販売店 (直営店)

【館山店】

住所 千葉県館山市北条1882

TEL 0470-23-0586

営業時間 AM9:00~PM5:30
※夏季・冬季、時間変更あり

【館山那古店】

住所 千葉県館山市那古387-1

TEL 0470-28-5510

営業時間 AM9:00~PM5:30

【鴨川店】

住所 千葉県鴨川市横渚1067-3

TEL 04-7093-3281

営業時間 AM9:00~PM5:30

【小湊店】

住所 千葉県鴨川市内浦1906

TEL 04-7095-3592

営業時間 AM8:30~PM4:00

  • 販売店 (直営店)

【館山店】

住所 千葉県館山市北条1882

TEL 0470-23-0586

営業時間 AM9:00~PM5:30
※夏季・冬季、時間変更あり

【館山那古店】

住所 千葉県館山市那古387-1

TEL 0470-28-5510

営業時間 AM9:00~PM5:30

【鴨川店】

住所 千葉県鴨川市横渚1067-3

TEL 04-7093-3281

営業時間 AM9:00~PM5:30

【小湊店】

住所 千葉県鴨川市内浦1906

TEL 04-7095-3592

営業時間 AM8:30~PM4:00

ハクダイ食品「鯨(くじら)のたれ」

ハクダイ食品公式サイト より

千葉県南房総地域に江戸時代から伝わる伝統的な「くじらの干し肉」です。

「くじら」と聞くと驚いてしまうかもしれませんが、炙ってみるとビーフジャーキーのように重厚感があり食べやすい味わいです。

 

くじら肉を扱う店舗は減ってきており、今では数少ない珍味となっています。

 

ハクダイ食品さんは昔からの食文化を守り続けている地元では有名なメーカーの為、テレビや旅行雑誌で数え切れないほど紹介されています。

 

【館山の元観光大使からのひとこと】

焼きすぎないくらいが食感も楽しめて美味しいと個人的には思っています。

香ばしさがお好きな方は良く焼いても良いかもしれません。

マヨネーズと七味唐辛子をつけたら最高のおつまみになります^^

地元の居酒屋でも出てくる南房総自慢の品です。お酒好きな方へのお土産にどうぞ。

  • 価格(税込)

「くじらのたれ・ソフトタイプ」(柔らかめに仕上げたもの)700円

「くじらのたれ・わらタレ」(昔ながらの硬めに干してわらで束ねたもの)700円

「くじらのたれ・そのまま」(独特の製法で焼いたものでそのまま食べられます)700円

  • 販売店(直営店)

住所 千葉県南房総市千倉町白子1539

TEL 0470-44-3608

営業時間 (月〜土)8:30〜17:30 (日)9:00〜17:30

  • ハクダイ食品公式サイトはこちら

なかぱん(館山中村屋)「チキンバスケット」

大正8年創業の伝統ある館山駅前のパン屋さんです。

地元では知らない人はいません。

 

新鮮な食材を無添加で、というこだわりのもと、安心安全で美味しいパンやスイーツを販売しています。

館山中村屋公式サイト より

お手頃価格のパンはどれもクリームがずっしり入っており、どれを食べても大満足。

「モカソフト」も有名で、甘いものが好きな人もそうでない人も気に入ること間違いなしの地元スイーツです。

【館山の元観光大使からのひとこと】

館山の小学校では、運動会と言ったら「なかぱんのチキンバスケット」でした。

テイクアウトするなら、パンに切れ目を入れて、バターを塗り、唐揚げや野菜を挟み、オーブンで温めて食べることをおすすめします。もちろん、マヨネーズもたっぷり!

そのままでも美味しいですが、たったひと手間で驚くほどレベルアップします^^

是非、ご自分へのお土産に。

  • 店舗

【館山駅前店】

住所 千葉県館山市北条1882

TEL 0470-23-2133

営業時間 8:00〜16:30(L.O. 15:30 ※季節により異なります)

【館山バイパス店:中パンカフェ】

住所 千葉県館山市北条692

TEL 0470-23-1656

営業時間 8:30〜17:30(L.O. 15:30(お食事)16:00(甘味) ※季節により異なります)

【君津店】

住所 千葉県君津市外箕輪2-8-25

TEL 0439-55-6606

営業時間 9:30〜16:00(L.O. 15:30 ※季節により異なります)

  • なかぱん(館山中村屋)公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました